日誌

校長blog

「創立90周年記念事業」について

 10月27日(土)、多くのご来賓の皆様のご臨席を賜り、本校創立90周年記念式典と記念講演が無事執り行われました。

 今回の創立90周年記念事業につきましては、2年前に実行委員会を立ち上げ、齋藤マサ子会長様を始めとして本校同窓会の皆様方、田部信浩会長様を始めとして本校PTAの皆様方、そして、地域社会と関係の皆様方の多大なるご支援とご協力により、実施することができました。関係する全ての皆様方に、厚く御礼申し上げます。

 当日は、あいにくの雨模様ではありましたが、式典が始まる前から、PTAと同窓会の皆様方、そして本校の生徒たちに、駐車場や受付・接待等の各係で大変お世話になりました。皆様、ありがとうございました。

 また、本校の先生方にも、総務部長の田中隆史先生を中心として、長期間にわたる企画・準備等で大変お世話になりました。当日を迎えるまで、先生方や実行委員の皆様方の顔ぶれは少々変わりましたが、90周年に対する思いと共に業務を引き継いでいただき、無事、記念事業を実施することができました。本当に、ありがとうございました。

 創立90周年記念誌は、記念誌係の平野 勝先生を中心に編纂作業をしていたただきましたが、表紙の絵は、美術の寳保智加先生が描いてくれたものです。新旧両方の校舎を背景に、本校のシンボル「プラタナス」と、地元喜多方に群生する「ひめさゆり」が描かれています。

 

 また、式典当日、会場に飾られていた素晴らしいお花を始めとして、校舎内のあちこち彩りを与えてくれていたお花は全て、家庭科の石田美紀先生の手によって活けられたお花でした。

  各係の生徒たちは、いつものように自ら積極的に仕事を引き受け、大変よく仕事にあたってくれました。また、式典・記念講演での生徒たちの態度も、立派であったと思います。永井 葵さん(3の2)による「生徒代表のことば」も、大変立派で力強いものでした。ご来賓の方々からは、「生徒の皆さんは、とても立派でしたね」と、お褒めの言葉をたくさんいただきました。

 記念講演は、喜多方女子高校6回卒の鈴木政子様に、「ペンを握って50年」という演題でお話をしていただきました。鈴木政子さんは、平成27年に著した「『舎監』先生~集団就職の少女たちと私~」(本の泉社)という著書により、「出版フォーラム優秀賞」を受賞されました。

 また、平成29年には、「語らなかった女たち~引揚者・70年の歩み~」(本の泉社)という本を出版され、今年の8月15日(水)の終戦記念日に、TBSテレビ「NEWS 23」の「綾瀬はるか戦争を聞く」という企画で、その本の内容について、女優の綾瀬はるかさんとの対談が様子が放映されました。

  鈴木政子さんは、小学生の時に終戦となり、一家で満州からの引き揚げをご経験されました。そしてその際に、大変辛いご経験をされました。そのご経験については、以前出版された、「あの日夕焼け」(立風書房)と「満州そして私の無言の旅」(立風書房)という著書に詳しく書かれています。

 初めてお会いした鈴木政子さんは、にこやかでいつも笑みを絶やさず、ユーモアがあり、とても素敵なお人柄でした。戦争体験を始めとして、本当にご苦労された方というのは、このように穏やかで、そして物腰柔らかなのであろうと思いました。

 鈴木さんは、ご講演で、ご自分のこれまでの歴史を振り返りながら、「書く」ということにこだわってきた半生について、お話をしてくださいました。鈴木さんは現在でも、カルチャーセンターの講師などをされながら、「書く」ことについて、人に教えているそうです。

 鈴木さんはびっくりするぐらい、とても若々しい方でした。人というのは、使命感、あるいは生きがいを持って日々生活をしていると、心身共に、いつまでも若くいることができるのだなと思いました。

 

 本校の同窓生に、鈴木さんのような素晴らしい方がいらっしゃるということは、本校生にとって大きな励みであると思います。鈴木政子様、大変貴重なお話、ありがとうございました。どうかいつまでも、お元気でいらしてください。

 鈴木さんには、色紙を書いていただきましたが、本校生への、素敵なメッセージが書かれています。校長室前の廊下に飾ってありますので、皆さんどうぞご覧ください。

「高校生マナーアップ・キャンペーン」に参加して来ました。

 10月19日(金)、JR喜多方駅で「高校生マナーアップ・キャンペーン」が実施され、参加して来ました。

 「マナーアップ・キャンペーン」とは、会津地区の各駅で、高校生たちが乗客の皆さんへマナーアップの呼び掛け等を行うことにより、高校生及び地域社会全体の乗車マナーの向上を目指すものです。

 当日は朝早くから、喜多方高校・喜多方桐桜高校・喜多方東高校の3校の生徒たちがJR喜多方駅に集合し、マナーアップの呼び掛けとアナウンス、ティッシュ配りなどを大変熱心に行ってくれました。各校の生徒の皆さん、ありがとうございました。

 喜多方駅長さんに、最近の高校生たちの乗車マナー等について伺ってみると、「高校生の皆さんはマナー良く、列車や駅舎等を利用してくれています」、とのことでした。それを聞いて、嬉しくなりました。大変素晴らしいことであると思います。

 これからも、高校生である皆さん方が是非模範となって、地域社会全体の乗車マナーの向上に貢献して欲しいと思います。よろしくお願いします。

「PTAあいさつ運動」と「We Love 制服週間」が実施されました。

 10月9日(火)と10日(水)の2日間、先生方による定例の「登校指導」に合わせて、保護者の方々による「さわやかあいさつ運動」が行われました。

 両日とも朝早くから、保護者の方々に昇降口付近に立っていただき、登校してくる生徒たちへ向かって、「おはようございます!」と元気に声を掛けていただきました。

 大半の生徒は、元気よく「おはようございます!」と返してくれますが、中にはちょっと元気が足りないと感じる生徒もいます。朝、お互いに元気よくあいさつを交わすことは、さわやかな1日をスタートさせる上で、とても大事なことだと思います。毎朝お互いに、しっかりあいさつができるようにしたいものです。

 そして、10月11日(木)と12日(金)の2日間は、本校恒例の生徒会行事、「We Love 制服週間」が実施されました。

 朝、生徒会役員と各部活動の代表生徒たちがプラカードを持って昇降口前に立ち、登校してくる生徒たちへ「おはようございます!」とあいさつをしながら、正しい制服の着用を呼び掛けていました。生徒会役員、そして各部活動の代表生徒の皆さん、お疲れ様でした。

 本校生の皆さんは、正しく制服を着用できていますか・・・? 大半の皆さんは大丈夫だと思いますが、日頃からきちんと、制服を着用する習慣を身に付けましょう。

家庭クラブが、地区大会で最優秀賞を受賞しました!

 本校の家庭クラブが、9月21日(金)に行われた、福島県高等学校家庭クラブ会津地区連盟研究発表会のスクールプロジェクトの部で、見事、最優秀賞を受賞しました! おめでとうございます!

 今回のスクールプロジェクトのテーマは、「Bridge of mind ~バリアフリー CITY 喜多方をめざして~」というものであり、当日の発表は、中丸奈緒美さん(2の1)・原 夏稀さん(2の2)・遠藤美姫さん(2の1)・田部絢弓さん(3の2)・渡部千優さん(3の3)の、家庭クラブ役員5名によって行われました。

 家庭クラブでは、昨年度より、顧問の石田美紀先生のご指導のもと、視覚や聴覚に障がいのある方々への支援と共生をテーマに研究を継続し、昨年10月の公開文化祭「すずかけ祭」では、盲導犬ユーザーの方をお招きしての「トークショー」を行いました。また、今年の4月には、「盲導犬ユーザー散策ボランティア」を実施して、盲導犬ユーザーの方々数名を地元喜多方市にお招きして、「まこと食堂」さんで一緒に美味しい喜多方ラーメンを食べたり、おせんべいの手焼き体験をしたり、日中線のしだれ桜並木を見物したりして、ユーザーの方々にとても喜んでいただきました。その様子は、以前、このblogでも紹介させていただきました。

 今回の発表は、これまでの活動の記録をまとめたものだそうです。バリアフリーは、高齢化社会を生きる私たちにとって、これからもますます重要になってくるテーマであると思います。家庭クラブの皆さんには、今後とも、様々な観点から研究を進めてくれることを期待しています。また、10月に行われる福島県大会でも、素晴らしい発表ができることを祈っています。皆さん、頑張ってください! 

学校の風景(その5)

 これは、昨日、9月11日(火)1校時目の校内の風景です。

 家庭科の石田美紀先生ご担当の、3年生の選択授業「生活と福祉」で、生徒たちがペアになり、廊下を使って車イスの介助練習をしていました。

 石田先生によれば、特に今回は、正面玄関前の支柱を利用しての、スムーズにコーナーを回る練習だそうです。生徒たちは、みんな楽しそうに、車イスに乗ったり介助されたりしていました。

 私たちも、自分が突然病気や怪我をしたり、あるいは、だれかの車イスを押してあげる必要がいつ生じるか分かりませんので、車イスの操作に慣れておくのはとても大事であると思いました。

「怪談フェア」が実施されました。

 7月9日(月)~8月31日(金)までの期間、本校図書館で、「怪談フェア」が実施されました。

 これが、校内に掲示された「怪談フェア」のチラシです。制作はもちろん、美術担当、図書館長の寳保智加先生です。

 「怪談フェア」の第一の企画が、怪談話や、ホラー系・怪奇現象関連書籍の「特設コーナー」の設置です。

 学校司書の慶徳厚美先生によれば、ホラー系が好きな生徒たちが多数、本を借りに来たそうです。

 そして第二の企画が、本貸し出しにつき1日1回引ける、「背筋がゾッとするおみくじ」でした。

 「おみくじ」は、この箱の中から引いて、外観と中身はこんな感じでした。

 

 「背筋がゾッとする」とは言っても、実際にはこのように、とてもありがたい中身の「おみくじ」でした・・・(笑)

 さらに、第三の企画は、7月12日(木)・13日(金)の二日間、昼休みに行われた、「図書委員による怪談話の読み聞かせ」でした。

 当日はこのように、テーブルにデコレーションが施され、また、小道具も用意され、図書館は怪談話の雰囲気たっぷりでした。

 「怪談話の読み聞かせ」は、マントやサングラスを身に着けた、図書委員の生徒男女2名により行われました。お二人は、演劇部員でもあるため、「読み聞かせ」は抜群に上手で雰囲気たっぷりであり、集まった生徒たちは、静かにそれに聞き入っていました。お二人とも、素晴らしい「読み聞かせ」、ありがとうございました。

 今年度、本校図書館は様々な企画を準備し、とても頑張っています。私も、また次の企画を楽しみにしています。本校生の皆さん、いよいよ、読書の秋の到来です。積極的に図書館へ足を運んで、どんどん本を借りて、たくさん読書しましょう!

「オープンスクール」が実施されました。

 7月27日(金)、毎年恒例の「オープンスクール」が実施されました。今年度は、昨年度よりも大分多く、約160名の中学3年生と保護者の方々、中学校の先生方が参加されました。暑い中、朝早くからご来校いただき、本当にありがとうございました。

 昇降口では、昨年10月、3年に1回の公開文化祭「すずかけ祭」の時に、美術の寳保智加先生と係の生徒たちが作成した、喜多方市を象徴する「喜多方ラーメンとひめさゆりのモニュメント」が展示され、中学生たちを歓迎していました。

 全体会では、生徒会長の永井 葵さん(3の1)のあいさつの後に、五十嵐美冬さん(1の2)と佐藤 翼君(2の2)による体験発表がありました。二人とも、日頃の授業や部活動などの様子を話し、本校での充実した毎日について、中学生たちへ伝えていました。

 次に、音楽部合唱班と吹奏楽班による、歓迎の演奏がありました。合唱班では、美しいハーモニーに、男子部員2名によるパフォーマンスが、ユーモアを添えていました。吹奏楽班は、顧問の小泉和佳子先生の指揮により、いつもながらの素晴らしい演奏を披露し、中学生たちは手拍子をしながら耳を傾けていました。

 続いて、生徒会の役員たちが、スライドショーで学校紹介をしてくれました。

  その後、休憩を挟んで、生徒会役員の生徒たちがプラカードを持って、各班に分かれた中学生たちに、施設見学と部活動見学の案内をしてくれました。

 

 体育館前の渡り廊下には、本校の1年生たちが、中学生の後輩たちのために書いてくれたメッセージが、掲示されていました。

 メッセージには、「先生が、勉強も進路も親身になってくれる!」、「先輩がやさしい!」、「校舎がきれい!」などの感想が、数多く書かれていました。

 施設見学の際、図書館では、現在本校で実施中で生徒たちに大人気の「虹色しおりキャンペーン」のしおりが、中学生たちにも配布され、好評を得ていました。

 また、校舎内には、家庭科の石田美紀先生のご指導のもと、家庭科の授業で生徒たちが作成した「壁面画」や、作品群が掲示されていました。

  書道室では、顧問の谷津田裕紀先生のご指導のもと、書道部の生徒たちがダイナミックな書のパフォーマンスを繰り広げ、中学生や保護者の方々が、興味深げに見学されていました。

 また、すずかけ会館では、音楽部吹奏楽班の生徒たちが、チューバやドラムなどの楽器演奏を、中学生たちへ懇切丁寧に体験させていました。

 中学生の皆さん、本校の「オープンスクール」に参加していただき、ありがとうございました。今回の「オープンスクール」が、皆さんの進路選択の参考になれば、幸いです。

 本校生の皆さん、「オープンスクール」のお仕事、ご苦労様でした。皆さんたちのおもてなしとPRにより、皆さんの後輩たちがたくさん本校を志願してくれることを願っています。

「虹色しおりキャンペーン」実施中です!

 現在、本校の図書館では、「虹色しおりキャンペーン」を実施中です。これは、本の貸し出しを増やしたりなど、本校図書館活性化の一環として、図書館長の寳保智加先生と学校司書の慶徳厚美先生が企画したものです。

 これが、各教室等に掲示されているキャンペーンのチラシですが、図書館で本を1冊借りると、寳保先生と慶徳先生が手作りされた、素敵な「しおり」が1枚もらえる、という企画です。

 これが、"虹色"、つまり7種類ある「しおり」のサンプルなのですが、なんと、これらのイラストは全て、美術の先生である寳保先生の手描きのイラストなのです!

 お二人にお話をお聞きしたところ、女子生徒には「パープルのクラゲ」が、男子生徒には「イエローの猫」や「ブルーの鯨」が人気があるそうです。私自身は、「レッドの柴犬」を1枚ゲットしました。七色どれもが、素晴らしいい力作なのですが、寳保先生によれば、この「レッドの柴犬」が一番の自信作なのだそうです。

 「虹色しおりキャンペーン」は、本校生には大好評で、図書の貸し出しは大分増加したそうです。また、7月27日(金)には毎年恒例の「オープンスクール」があり、今年度は、約160名の中学3年生や保護者の方々が来校されましたが、図書館を見学された際に皆様にもお配りし、とても喜んでいただけたそうです。

 「虹色しおりキャンペーン」では、本を7冊借りて7色の「しおり」全てをゲットすると、「シークレット」がもらえるということになっています。すでに、15名の生徒や先生が、「シークレット」を手に入れたそうです。どんなデザインなのか気になったので、特別に見せてもらいました。

 「シークレット」は、「レインボーの白虎」でした。これもまた、素晴らしい作品に仕上がっています。

 本校生の皆さん、図書館からたくさん本を借りて、是非とも、「シークレット」をゲットしてください!

鈴木政子さんと「綾瀬はるか」さんの対談が放映されます!

 太平洋戦争の終戦記念日である8月15日(水)、TBS 午後11時10分からの「NEW23」で、本校卒業生の鈴木政子さんと、女優の「綾瀬はるか」さんの対談が放映されるそうです。

 鈴木政子さんは、喜多方女子高校時代の本校の卒業生で、現在、神奈川県藤沢市にお住まいで、フリーライターをされていらっしゃいます。鈴木さんは今年、「語らなかった女たち -引揚者、70年の歩み-」(本の泉社)という本を出版され、対談は、その本についての対談だそうです。

 鈴木さんは、2015年には、「『舎監』先生 -集団就職の少女たちと私-」(本の泉社)という本も出版されました。この本は、本校図書館で借りることができます。私も昨年、このblogで、「舎監先生」を紹介させていただきました。本校生には、是非、読んで欲しい1冊です。

 10月27日(土)の創立90周年記念式典には、鈴木政子さんの記念講演も予定されていますので、私は今からとても楽しみにしています。

 「綾瀬はるか」さんは、解説の必要はないと思います。現在、TBSの「義母と娘のブルース」にもご出演されており、今をときめく人気女優さんでいらっしゃいます。以前、NHKの大河ドラマ「八重の桜」にも主演されたことがおありですので、会津とは、縁がある女優さんであると思います。

 お二人の対談、果たしてどんなご様子であったのか、楽しみです。皆さん、是非、ご覧ください。

「PTA花壇除草作業」が行われました。

 7月21日(土)、毎年恒例の「PTA花壇除草作業」が行われました。

 当日は朝7時に、PTA総務委員会の保護者の皆様方に、多数お集まりいただきました。除草前の花壇は、こんな感じでした。

 早朝とはいえ、連日の猛暑で、当日も朝からかなりの熱波でしたが、保護者の皆様方は協力して、手際良く作業を進めてくださいました。

 草むしり作業は、1時間ほどで終了し、花壇は見違えるようにきれいになりました! 総務委員会の保護者の皆様、係の先生方、早朝からありがとうございました。

 7月27日(金)には、例年の「オープンスクール」が予定されていて、多数の中学生や保護者の方が来校されますので、きれいな花壇で、お客様をお迎えすることができます。

 草むしりをしていて、花壇の手前に1本だけ、小さなコキアが根付いていました。昔、「根性大根」が話題になったことがありましたが、まさに「根性コキア」で、むしるのも何となく気が引けて、そのままにしてしまいました。邪魔になりそうな気もするのですが、果たしてどれくらい頑張ってくれるでしょうか・・・(笑)

 学期中、花壇の水やりは、各クラスの生活委員の生徒たちがしてくれています。夏休み中は、日直の先生がしてくれます。先日は谷津田先生が、水やりをしてくれていました。この猛暑に負けずに、できるだけ長く、花々が咲いていてくれるといいですね。